日々の養生が変える自分の在り方 Part1

整復の魔術師 斎藤彰裕です。

先日はご縁をいただき宮城県大崎市にて美顔整復セミナーと体験会を開催していただきました。

関空を朝7:15分に出発して、仙台へ。

(ピーチと私)

そこからクルマで約1時間のところです。

東北特有の冷害を少なくする昔からの取り組みで、世界農業遺産に指定されています。

(田園風景と私)

 

今回迎えいれていただいたのは、大崎市でペットのトリミングやホテルをされているDear わんこ 代表の中川ひとみさんです。

http://every-osaki.com/spn/detail/index_211.html

(こちらはDearわんこさんの紹介ページ)

楽しそうというところから縁をつないでいただき開催となりました。

(左 縁を繋いでくれたゆりさん 右 とってもお茶目なひとみさん。中央 私)

 

こちらではひとみさんや旦那様、猫ちゃんにも整復体験していただきました。

(今までと違う脚にビックリ感動するひとみさんと何故か司会者風の私)

 

その後美味しい食事をいただきセミナー会場に案内していただきました。

(美味しい牛タンと地元のお米と味噌汁)

 

●セミナーにてお伝えしている内容

1、感覚への気づき

2、筋肉について

3、整復とは

4、歪みとは(悪い姿勢って本当にあるの)

5、美しい顔にする3つのポイント

6、整復実践

●呼吸もリンパも流れるセルフケア

●内に巻いた巻肩を自分で治す整復

●首の流れ整復

●首のシワを消していくセルフケア

●顔の歪みを感じる方法

●顔の歪みを自分で治すセルフケア

です。2時間ですが本当に濃い内容をお伝えしてるのであっという間です。

 

1、感覚への気づき

実はこのセミナーにて最も大切な部分です。私自身もこれを気づかせてくれた先生のおかげでいまがあります。

人間として重要な行いに感じる』ことと『考える』ことがあります。

多くの人は、考えることだけが多くなり、答えがわからず外に何かを求めてしまう傾向が多いです。

安易にhow toを学んでもそれが正しいかどうかがわからない、自分にあってるかどうかわからない。それがわかるようになるにはまず自分を感じることが重要だとおもいます。

自分があって初めて合うあわないもわかるからです。だから感じることが重要です。

 

ではどうやってということで、セミナーでは指や手から身体を感じることをしていきます。そうすると身体が緩み、野生動物のようにだんだんしなやかに変化していきます。

多くの感覚のセンサーを使い自分を感じて確立して、その中から行動することで色んなものが拓けてきます。まさに野生の動物などはそうでしょう。

 

また、自分の在り方というのも考えてなるものでもないとおもいます。

在り方というのは、今ここにあるというまさしく今現在のことだとおもいます。

そしてその今を感じることは自分を感じることと同じです。

例えば、その指で触れたものを感じた時が実は今を感じています。逆にいうとその時しか今を感じられないでしょう。

普段ご飯を食べてるときの食感や、そよぐ風などちゃんと感じてるでしょうか。もしかしたらテレビを見ながらなんとなくや、考えごとしながら終わるなんてことも多いかもしれません。

一流という人はこの感じることを丁寧にしています。例えば料理人ならとくに味や色、肌触りなど感じているでしょう。

その今を感じる積み重ねが、しっかりした自分の在り方を創っているとおもいます。

 

(クリンジャーとしての私)

 

普段は感じることを忘れている感覚をセルフケアいわゆる養生としてお伝えしています。

それによって自分の体もしなやかになります。そして自分を感じることで在り方もしっかりしてくる。それが未来を拓けていくことに繋がると感じてます。

 

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です