触れることについて

斎藤彰裕です。

私は仕事上、人の身体に触れなければなりません。しかし、この触れることを考えてる人は非常に少ないです。

人に触れるスタンスとして
ある人は
「その人を尊重する」といいました。

またある人は
「人の身体を邪魔しない」と例えました。

人の身体に触れるとき、身体は無意識下でも必ず防御反応をおこしてます。そんな緊張した状態でふれてもより緊張を生むだけです。

無意識下の緊張すら生まない触れ方。触れるだけで緩む身体。そういった触れ方を心がけています。

誰にでもできる触れるということを、誰にもできないくらい訓練するからこそ、本当のその人の身体に触れることができる。
整復もそんな地点にある誰にでもできることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です