実はよく考えた方がいい!身体の矯正

斎藤彰裕です。

いきなり考えてる表情です。

巷に溢れる矯正ですが、その言葉をよく考えてみてください。

教育において自分の子どもを矯正しますか?

ほとんどのかたがNOといいます。
子どもはのびのびと~ みたいに。

なのに自分の身体は平気で矯正したがります。(悲しいかな)

子どもは型にはめたがらないのに、
体は型にはめたがります。

型にはめられた子どもは後に反発する。
型にはめられたカラダは後に反発する。

どちらも自身がのぞんでないからです。

矯正はキョウセイであり、強制につながります。
最初から治療する者のエゴが入ります。
それはとっても邪魔です。いかにその身体が自分で変わっていくかが大切なのです。

子どももカラダもキッカケを与えてあげれば自ら変わります。

カラダを構成する骨や筋肉など一つ一つを子どもと思い、その子たちにきっかけを与え、そして変わっていくのを見守る。

それが整復です。

名は体をあらわすともいいます。

自身の身体に適したものを選択したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です