クライアントにしていただいてること

斎藤彰裕です。

私はプロなので整復にて結果をだすことが大切です。しかし、クライアントはその結果からさらに次に進む過程というプロセスが大切です。

今回も10年以上前に崩した左の足関節。
1回で整復完了。

崩したものを整復し元に戻す結果は提供します。クライアントはその結果を踏まえて、失われてた脳と足との繋がりを作る訓練など、さらに次の段階にいくプロセスを踏むことが必要です。

治療家として結果をだす鍛錬というプロセスは大切。クライアントは健康美へと続く日々の習慣というプロセスも大切。

そこを安易に何かに頼ってすっ飛ばして結果だけを得ようとするから、治療する側もされる側もうまくいかない。

だから私は結果をだすために日々の鍛錬は怠らない。結果から次の結果にいたるまでの過程を踏んでもらいたいからセルフケアを指導し実践してもらう。

結果は私がだします。
次へのプロセスはクライアントが変化を楽しみつつ進んでください。
そしてまたプロセスを経た後、更なる結果をだします(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です